体験談詳細情報

加藤慶子選手
ラグビー
女子7人制ラグビー日本代表
大学在学中から女子セブンズ(7人制ラグビー)の日本代表選手として活躍してきた加藤慶子選手!現在は、リオ五輪での金メダルを目標に、仕事とラグビーの両立に全力を尽くす日々を送っています。
両足首の捻挫を繰り返し、靭帯が緩んでいる
リアライン ソックス
スクワットをする時、足首の前の詰まり感が全く感じられず、楽々腰を最後まで下ろすことができた
私は両足首の捻挫を繰り返し、靭帯が緩んでいるため、練習時はいつもエラスでフィギアエイトとヒールロックのテーピングを巻いています。普段のテーピングを固めに巻いていることもあり、練習時にノーテープでリアラインソックスのみだと、まだ不安が残るため、ウエイトトレーニングやライトトレーニング時に使用しております。 ソックスの効果を一番感じられるのはスクワットをする時です。足首の前の詰まり感が全く感じられず、楽々腰を最後まで下ろすことができ、コアや股関節に意識を集中することができます。 また、スピードトレーニングのスタート時に、足首の背屈がしやすいため可動域制限がなく、自分が地面を蹴りたい角度で足を置くことができます。 そのため、ソックスは今後もライトトレーニングやウエイトトレーニング時に使用していきたいと思います。

GLABは代理店を募集しています。

提供する商品、提供するサービスを継続的にご活用いただき、
歪みによって起こる痛み・悩みからの解放にお役立てください。

活用事例、代理店制度についての詳しい資料をお届けします。

ご希望の方には、商品無料サンプルを
お届けします。詳しくはお問合せ下さい。