MENU

またもや腸骨下腹神経障害と遭遇

2019-07-21

過去にバレーボールを経験したママ(産後1年)さん。寝返りや後屈で右上殿部から腰部外側の疼痛がありました。

右上殿部の触診で,腸骨下腹神経の外側皮枝の疼痛であることを確認。次に,背臥位で腹部から腰方形筋前面を触診したところ,下腹部と右上殿部に放散痛が生じる神経の癒着を発見。さらにこれを内側にたどり,大腰筋と腰方形筋との間に挟まれるように癒着していました。

腹臥位で上殿部の外側皮枝の癒着をリリースして同部位の痛みが解消され,次に腰方形筋前面,大腰筋後面での神経の癒着をリリースして,全ての疼痛が消失しました。

この腸骨下腹神経の障害をこの1ヶ月で3例経験しました。これまで相当数を見逃し,適切な治療を起こっていなかったのだろうを想像されます。

セミナー情報はこちら



カートを見る