MENU

骨盤底筋拘縮の影響: 仙腸関節離開を招く? 出産に影響? 

2019-07-21

骨盤底筋の中でも左右方向に向いている浅会陰横筋は、坐骨間の距離を調節していると思われます。坐骨を接近させることは骨盤底筋を弛ませて、排泄を容易にしている可能性があります。しかし、この浅会陰横筋が骨のように固くなっている人がとても多いのが現実です。そして浅会陰横筋の過緊張は、本来の坐骨の接近・離開という機能を失わせる可能性があります。

その原因として、単純に椅子坐位生活にあると思われます。正座は骨盤底筋を圧迫しない座り方の一つですが、椅子坐位では例外なく骨盤底筋が圧迫されます。これが浅会陰横筋と会陰神経などの癒着を引き起こしている可能性があります。

浅会陰横筋の過緊張は、以下のような影響をもたらすと思われます。

(1)仙腸関節上部の離開
 坐骨の接近は仙腸関節上部の離開を引き起こします。これにより仙腸関節痛や多裂筋の過緊張を引き起こす可能性があります。腰仙部の多裂筋の過緊張があるとき、それは結果因子であり、その過緊張に対する対症療法は仙腸関節の離開を増強させる可能性があります。つまり、腰が張っているとき腰部の筋を弛めてはいけないということになります。一方、その原因因子として外転筋群と浅会陰横筋であり、これらの治療を先行させることが必要と思われます。

(2)出産への影響
 ホルモン等の影響により、出産時にいろいろな組織が弛みますが、この浅会陰横筋がどの程度緩むか、そしてどの程度坐骨間の距離を拡大できるのかはよくわかっていないと思われます。出産前に浅会陰横筋を十分に弛め、坐骨間距離を拡大しておくことは出産の困難さを軽減する可能性があります。
 
(3)排泄への影響
 坐骨間距離が拡大することで、腸骨尾骨筋の緊張が得られ、尿道括約筋や肛門括約筋の機能の向上が得られる可能性があります。逆に、坐骨が接近すると腸骨尾骨筋は弛み、失禁リスクが高まる可能性があります。
 
 
骨のように固くなった浅会陰横筋を柔らかくするのは容易ではありません。関連する筋としては、球海綿体筋、坐骨海綿体筋、深会陰横筋があります。加えて、頭にあるように、会陰神経の枝が浅層と深層において浅会陰横筋と交差し、癒着しています。したがって、この神経と筋を一つずつリリースしていく技術が求められます。
  
カートを見る