MENU

組織間リリース<特別編>肩関節の内容をお知らせします

2019-09-06

今年度の下半期に,特別編として限定的に開催する「組織間リリース<特別編>肩関節」の内容をお知らせします。

<目的>
・重度の肩関節拘縮の治療において、確実に拘縮の要素である癒着を解消しながら治療を前進させられるようになる。
・軽度の肩関節拘縮(肩関節疾患)の治療において、可動域を制限している要素を速やかに見つけ、それを即時的に解消させられるようになる。
・腕神経叢を正確に触診できるようになり、胸郭出口症候群の治療を習得すること。
 
 
<プログラム(予定)>
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1日目:肩甲胸郭関節の可動性
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・精密触診の基礎
・ISRの基礎
・肩甲骨外側
  広背筋、大円筋、前鋸筋、肩甲下筋
・肩甲骨内側
  菱形筋、滑液包、肩甲背神経、前鋸筋、胸郭
・肩甲骨上方
  僧帽筋、肩甲挙筋、後斜角筋、第1肋骨、内上角滑液包


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2日目:屈曲・内旋可動域獲得・対症療法2
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・肩峰下スペース
  肩峰下滑液包、三角筋深層、烏口肩峰靭帯
  烏口上腕靭帯、棘上筋、関節包
・後部拘縮
  三角筋後部線維、腋窩神経、上腕三頭筋外側頭
  小円筋、棘下筋、関節包後部
・腋窩拘縮
  上腕三頭筋長頭、腋窩関節包、上腕骨頭
  肩甲下筋、関節包


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3日目:外旋・外転可動域獲得・対症療法2
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・前部拘縮
  大胸筋、小胸筋、上腕二頭筋短頭、烏口腕筋
  上腕二頭筋長頭、結節間靱帯
  広背筋、大円筋、肩甲下筋
・肩周囲の末梢神経の触診とリリース
  神経根(C5-8))、腕神経叢
  副神経、肩甲背神経、肩甲上神経
  腋窩神経、尺骨神経
カートを見る