MENU

2020年初のご挨拶

2020-01-12

リアライン・ブログをお読みいただきありがとうございます。
旧年中はお世話になりました。本年もよろしくお願いいたします。
  
  
2020年3月末をもって,広島国際大学を退職し,理学療法学専攻における学部生の教育を一旦卒業させていただこうと考えています。着任から14年間,1期生から11期生までの総勢800名ほど(概算)の教育に携わらせていただきました。また,大学院生やゼミ生の努力の成果として76編の論文(2019年8月時点)を世に出すことができました。テーマが拡散してしまったことは反省点でもありますが,複数の関節のキネマティクスについてある程度の成果が得られました。また,株式会社GLABを通じて,リアライン商品やセミナーを通じた知識と技術の普及に取り組んできました。
     
2020年4月以降の肩書きは,株式会社GLABの代表取締役,「癒着の医学研究室」代表,日本健康予防医学会副理事長,某大学招聘研究員となります。所属機関の承認を得る必要がなくなるため,これまで以上に社会的に意義のある活動に自由度をもって取り組むことができます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
①研究
●関東の某大学の研究員として,これまで取り組んできた膝OA,仙腸関節障害などの関節マルアライメントの計測法や治療法の研究に加えて,産後ケアに含まれる研究テーマを設定し,引き続き研究者としての活動を続けたいと考えています。
●株式会社GLABの一事業として「癒着の医学研究室」を立ち上げ,関節疾患,尿失禁などの治療法確立に向けた研究活動を推進します。
●将来的には,大学院生教育に取り組む機会を模索し,新たに蒲田研究室を立ち上げたいと考えています。
   
②臨床 
●火曜日には広島県内において,クリニックでの臨床指導および某施設での自費でのコンディショニング業務に従事します。
●東広島のGLAB本社の隣のスペースを確保して,リアライン・スタジオとしての業務を開始します。
●セミナー開催都市(東京,名古屋,大阪など)において,セミナー前日(主に金曜日)には主にアスリートへのコンディショニング,産後ケアの枠を確保する予定です。
   
③卒後教育
●セミナー: これまでセミナーという形で取り組んできた治療の設計図,病態分析,精密触診,組織間リリース,関節マルアライメント治療(リアライン)の普及・啓蒙を継続します。
●医療機関での勉強会: これらの内容をより多くのセラピストに知ってもらうため,医療機関を訪問した「スタッフ教育」としての勉強会(主に金曜夜)にも取り組んでいきます。
●臨床アドバイザー: 単発の勉強会では「習得」を見届けることは困難であるため,継続的な臨床指導の場を作ります。具体的には,医療機関との契約による「臨床アドバイザー」として,年間を通じたプログラムによってスタッフ教育を効率的に進めます。6施設限定(うち広島県内3施設,県外3施設)で支援を行う予定です。
●「関節運動指導士」の枠組みを再構築し,非医療資格者向けの「運動指導士」とセラピスト(関節疾患,産後ケア)の養成プログラムを整備します。 
      
④リアライン商品の普及
●「鍛える前に整える」ことを重視するリアライン・コンセプトと共に,そのプロセスを効率的に進めるためのリアライン商品の普及に注力していきます。
●東京オリンピックに出場する選手に対して,リアライン商品を積極的に提供し,コンディションの維持・向上のため,商品を通じて後方支援いたします。
●特に企業の労災対策としての腰痛予防対策,アスリートの外傷予防や癒着防止を含む救急処置方法の普及に取り組みたいと考えています。
●関節疾患の罹患率の高い女性の関節を守る取り組みとして,女性の快適な生活を応援する「リアライン生活」のブランディングと訴求に取り組んでいきます。
●リニューアルしたリベラシオン(パンプス),デスクワーク中の骨盤コンディショニングとしてのリアライン・チェア,開発中の骨盤底筋トレーニングシート,立ち仕事での骨盤へのストレスを軽減するベルトやインソールなどを女性を応援する商品として再構築し,よりわかりやすく紹介して行きたいと考えています。
   
⑤執筆活動
●書籍,雑誌,論文の執筆時間を週に2日間程度確保して,積極的に情報発信を行います。ノウハウを文章に残していく取り組みを通じて,思考を整理し,さらに治療の設計図の完成度や研究の位置づけの整理を進めていきます。
 
⑥その他
・産後ケアセラピスト養成とその認定制度,そして産後ケアを必要とする方とセラピストのマッチングシステムの構築
   https://realine.info/blog/222
  
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<お仕事のご依頼を下さる方へ>

大学を退職することで得られる「時間」と「自由度」を最大限活用し,以下のようなご依頼をお待ちしております。

<単発>
■ 講師依頼: 学会,研究会,企業などが主催する勉強会に出向きます。
■ 医療機関内での勉強会: 主に木曜日,金曜日の夜(診療後)の時間帯を活用して医療機関内での勉強会にて講師を務めます。
■ 執筆依頼: 関節疾患,産前・産後ケア,精密触診,組織間リリース,ファシアなどの学術誌,商用誌,書籍の執筆を承ります。(自費出版へのお誘いはお断りします。)
■ 試着会・体験会: リアライン商品,リベラシオン(パンプス)の試着会・体験会に出向き,商品説明とともに使用法を説明します。

<年間契約>
■ 臨床アドバイザー: 医療機関のリハビリスタッフ教育のコーディネート,講師,達成目標の設定・管理を行い,リハビリスタッフの治療技術の向上をサポートします。
■ 研究アドバイザー: 医療機関における研究(主に関節疾患,産後ケア)の企画,立案,実施,論文執筆全般をサポートします。
■ 腰痛予防コンサルティング: 企業の労災対策としての腰痛予防,生産性向上に向けたコンサルティングを行います。

<社会活動>
■ NPO,NGO,その他非営利団体の社会的意義の高い活動への参画。
■ スポーツチーム,選手個人,スポーツ競技団体の医学的サポート(医事委員,リハビリサポートなど)
    

<治療・個別ケアのご依頼>
■ 仙腸関節痛など難治性疼痛に困っておられる方,競技復帰を急ぐアスリート,足の不調に悩むランナー,産前・産後の不調に困っておられる方などを対象とした治療機会をできる限り確保します。
 ① 「治療」を必要とする場合は広島,東広島,長崎の非常勤先(医療機関)にて調整します。
 ② 保険診療の対象ではないコンディショニング,予防,個別ケアをご希望の場合は東京,大阪,名古屋,広島,東広島,博多,長崎にて調整します。

■ 蒲田による治療・個別ケア・コンディショニングをご依頼される場合は,以下の手順にてお願いいたします。
 ①登録フォームへの入力(治療を受ける方がご入力ください。) http://bit.ly/2UsJoVM
 ②メールにて日時,都市,場所(医療機関もしくは自費施設)を調整させていただきます。
 
カートを見る