MENU

リアラインブログ・ニュース

超音波エコー

記事一覧 keyboard_arrow_right 超音波エコー
セミナー情報 お知らせ 組織間リリース 精密触診 超音波エコー

エコーで検証しつつ学ぶ「精密触診®」と「組織間リリース®(ISR)」

下記のセミナーがDVDとしてジャパンライムから発売されます。11月上旬に発売予定。まだセミナーに参加されていない方、全ての医師やセラピスト、および医療技術職の学生の皆様に見ていただきたい内容です。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ <ME267-S>エコーで検証しつつ学ぶ「精密触診®」と「組織間リリース®(ISR)」  ■指導・解説:蒲田(がまだ) 和芳(かずよし)(株式会社GLAB 代表取締役)  ■発売元: 株式会社ジャパンライム  ■DVD2枚組 16,000円+税 (分売不可) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ <講師からのメッセージ>  セラピストにとって骨、筋、腱、神経などの確実な触診技術は不可欠です。マルアライメントや拘縮の原因である癒着を探索するため、あるいは痛みを発している神経や靱帯、血管などを特定するための触診技術を「精密触診®」と呼びます。例えば、上背部の痛みに対して肩甲背神経に、仙腸関節周囲の痛みに対して長後仙腸靭帯深部の中殿皮神経に「組織間リリース®」を行うと、即座に痛みが消失する場合があります。  これらは、正確な解剖の知識と病態の理解、そして 精密触診® と組織間リリース® の技術によって可能になります。本作では超音波エコーによる解剖を確認した上で、精密触診® と 組織間リリース® の理論と実技を行います。「痛いところに手が届く」精密触診® と治療法としての組織間リリース® をご紹介いたします。明日からの臨床に、是非ご活用ください。      <内容>  前半は触診とエコーの照合を行います。何か分からずに触っていても進歩はありません。実際に触れているものが何なのかを画像上(エコー)で確認していきます。後半は、実際に精密触診を繰り返していきます。皮膚に隠れて見えない部分を指先で探り、解剖学的な知識と触っているものを照合しながら進めていくことが必要となります。   ■ エコーを用いた精密触診《7分13秒》  ・圧迫法  ・表撫法  ・弾発法  ・スクレイプ法  ・精密触診技術  ・上腕二頭筋長頭腱の精密触診 ■ 実技Ⅰ《16分53秒》  ・足底筋  ・腓腹筋とヒラメ筋  ・腓腹筋外側頭の精密触診 ■ 精密触診・組織間リリースの技術《9分28秒》  ・精密触診による輪郭の触知  ・用語  ・精密触診による癒着の触知  ・精密触診のエラー  ・末節骨先端のリリースポイントを決定  ・テープ剥がし(母指)  ・反対側の手の役割  ・ターゲット組織が曲面 ■ 実技Ⅱ《13分34秒》  ・大腿筋膜張筋  ・大腿二頭筋/関節包  ・大後頭神経  ・副神経 ■ 実技Ⅲ《14分57秒》 ・僧帽筋・肩甲挙筋・滑液胞  ・腋窩神経  ・大腿直筋反回頭(内側)・関節包  ・中殿筋後縁・小殿筋  ・肩甲背神経  ・陰部神経 ■ まとめ《4分25秒》

Facebook 精密触診 超音波エコー

精密触診セミナーと超音波

3月23日に第1回の「精密触診セミナー」を開催することが決まり、準備を進めています。精密触診の精密が意味することは、以下のことを含むものと定義しようと思います。 ①浅層・深層を問わず小さい組織を同定できる ②組織を辿ることでその連続性や形状、走行を空間的に理解できる ③組織の癒着を探知できる ④触れた組織を超音波画像上で描出し、その形状や走行を照合できる     例えば、deep gluteal pain syndromeにおいて、梨状筋の深部において坐骨神経と梨状筋との癒着を探知できること、後大腿皮神経と内閉鎖筋との癒着を探知できること、を含められそうです。また、浅腓骨神経、伏在神経、正中神経、橈骨神経を辿り、その癒着を探知できること、などを含めたいと思います。小胸筋と腕神経叢の癒着も触知します。     あまり深部に行くと、組織間リリースによってアクセスルートを確保しないと触れないため、このセミナーでは組織間リリースなしで体表から触れられるものに限定しようと思います。      もう一つの問題はエコーで検証できるような講習のシステムを確立すること。エコーの使い方の講習も含めると、時間がとられるのでいろいろと工夫が必要になります。もちろんエコーのメーカーさんの協力も不可欠ですので、いろいろと交渉を勧めたいと思っています。 ※こちらの記事は、株式会社GLAB代表の蒲田和芳のFacebookより転載しております。

Facebook 超音波エコー

大腿静脈扁平化

大腰筋と恥骨上枝との間の癒着をリリースする際に、大腰筋浅層の大腿静脈の動きが悪い状態にしばしば遭遇します。その際、大腿静脈の扁平化が触知されることがありましたので、画像で確認してみることにしました。      対象は20歳代女性、触診で鼠径靱帯の遠位2cmから近位2cm程度まで、左大腿静脈の扁平化が認められ、エコーでもそのことが確認されました。写真はすべて左がリリース前、右がリリース後です。ドップラーは技術的にいまいちで流速を確実に捉えてはいませんが、扁平化が改善したのは確認されました。      静脈が扁平化している理由は恥骨上枝における急カーブと大腰筋に対する癒着が原因と考えられたため、リリースにより改善が得られました。扁平化した部分よりも遠位では流速低下が起こっている可能性があるため、次回そのあたりを正確に測定してみたいと思います。     ところで大腿静脈内の流速低下があるとすると、深部静脈血栓症、エコノミークラス症候群、静脈瘤などとの関連性が疑われます。20歳代でも流速低下が起こりうることを想定して、上記のような血管に関わる病気の機序に関与するかもしれません。このあたりは血管を専門とする方に検討してもらうとして、私としてはこの部分の組織間リリースの安全性を高めることをさらに真剣に考えてみたいと思います。       ところで、テニスボールなどで大腿静脈あたりをグリグリと圧迫して「腸腰筋リリース」と称している場合がありますが、相当高いリスクのある方法という認識を持つべきだと思います。       【CSPT、ISRセミナー受講者の皆様】 組織間リリースを習得すると、ある程度血管周囲のリリースができるようになりますが、血管内の状態まではわかりません。血管造影やエコーを用いて血管内に異常がないことが確認され、専門医からの指示がある場合以外は血管には触れないでください。血管周囲のリリースは「禁止」とさせていただきます。 ※こちらの記事は、株式会社GLAB代表の蒲田和芳のFacebookより転載しております。

カートを見る