MENU

リアラインブログ・ニュース

足部

記事一覧 keyboard_arrow_right 足部
お知らせ 膝関節 リアライン・デバイス 組織間リリース 足部

変形性膝関節症、人工関節など手術を受けたくない

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 膝が腫れて痛みが続くようになってきて、整形外科でX線写真を取ると「変形性膝関節症」と診断された。 ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- このような方は、2005年ころで日本に800万人、おそらく現在は1000万人もおられると推定されています。つまり子供も含めて全人口の8%に相当します。変形性膝関節症はO脚変形が進行するとともに、関節が硬くなり、痛みのために歩行や階段昇降、立ち座りに支障が生じてしまいます。       リアライン・コンセプトでは、変形性膝関節症の治療において、関節のズレとネジレを正確に見極めて、その進行を予防し、さらに改善することを中心とした治療法を提案しています。変形性膝関節症の膝をよく見ると、太ももの骨(大腿骨)に対して、スネの骨(脛骨)は外側にズレており、スネは外向きに(つま先が外に向けて)ネジレています。これを改善するような運動や治療を行う必要があります。        ネジレを治すには、スネを内向きに捻る可動域が必要です。これを下腿内旋といいます。下腿内旋可動域を広げるためには、その運動を繰り返すことが必要になります。リアライン・コンセプトに基づく治療では、 リアライン・レッグプレス という運動器具で、ネジレを徐々に改善していきます。10回3セットくらい行うと、ある程度ネジレが改善されて膝が軽くなり、曲げ伸ばしがスムーズになります。この時点で、歩くときの痛みが無くなる場合さえもあります。     広島国際大学の蒲田研究室では、ネジレに対する効果、変形性膝関節症に対する効果についての論文もあります。  ■ 下腿内旋位でのレッグプレス運動が若年健常女性の歩行時足圧中心軌跡および膝関節回旋可動域に及ぼす効果    https://www.jstage.jst.go.jp/article/hppt/3/1/3_15/_pdf ■ 内側型変形性膝関節症に対する下腿内旋エクササイズの短期効果    https://www.jstage.jst.go.jp/article/cjpt/2011/0/2011_Ca0231/_article/-char/ja/  ■ Immediate effects of leg-press exercises with tibial internal rotation on individuals with medial knee osteoarthritis.    https://europepmc.org/abstract/med/29962098    そして、もうひとつ!  リアライン・インソール・スポーツ は足の裏の外側のアーチを支えます。これにより、スネの骨(脛骨)が外旋するのを防ぎます。スポーツという名前のインソールですが、医療機関において実は膝のネジレ対策として幅広く活用されています。       運動でどうしてもネジレが解消されない場合、もしくは痛みが解消されない場合は、組織間リリースという方法で痛い部分の癒着をリリースすることで痛みを軽減・消失させることができます。つまり、変形性膝関節症に対して適切な治療を行うと、少なくとも痛みや運動機能は十分に治るのです。        上記のようなネジレを治す治療ができるクリニックを受診したい方はメール(info@realine.info)にてお問い合わせください。

足部 商品情報 産前産後 お知らせ

外反母趾が痛い、しかし仕事上どうしてもパンプスを履かなければならない

ハイヒールで外反母趾の痛みに苦しむ女性はたくさんおられます。その歪みの原因は、外反母趾の内側に飛び出している骨が靴に圧迫されて痛い場合と、外反してしまっている親指を上方向に反らせることで痛い場合とに分けられます。       先日来られた女性は、職業上、1日8時間以上もパンプスを履いて立ち仕事しなければならない方でした。出産の際に1年以上パンプスを履かない生活を経験して、それ以降は特に足の幅が広がったのか、以前履いていた靴も履けなくなったそうです。仕事用の靴だけでも10足以上買ってみたが、どれも2-3日すると足が前に滑って同じ痛みに悩まされておられました。靴の選択だけでは無理ということで、外反母趾の専門のケアをして貰える場所を探していたところ、私のフェイスブックでリアラインを知ったそうです。      外反母趾対策のポイントは以下の通りとなります。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ (1)つま先だけでなく、足の中央部分からの骨の配列を整える  特に外側アーチ(外側から足を見たときのアーチ)が下がっていると足全体が歪んでくるため、外側アーチを形成してそれを下から支えることが必要でした。        (2)外反母趾になっている関節の捻れの修正、背屈可動域の改善  外反母趾の親指の付け根の関節は、外向きに曲がっているだけでなく、ネジレてしまっており、それが原因で歩くときに指を反らせる可動域が制限されています。歩くときに、指を反らせるといたいため、地面を十分にけることができない状態になっています。その結果、股関節の大殿筋なども徐々に弱くなってしまいます。       (3)外反母趾の炎症によって作られた腫れの対策  慢性的な炎症によって皮膚が赤みを帯び、触れるだけで痛い状態でした。このような場合は、皮下組織の癒着をリリースして、滑走性を取り戻すことで痛みが解消されていきます。      (4)パンプスの中での足の前滑りを止める  ヒールが高い靴を履くと、重力によってかならず足は前に滑ろうとします。前に行くと、パンプスの爪先部分に締め付けられて、激痛に襲われることになります。これを防ぐには、足の前滑りを防ぐことのできるインソール(中敷き)を適切に使うことが必要です。リアライン・コンセプトに基づいて開発したハイヒール用のインソール( リベラシオン・インソール )を使うと、トウサポートによって足の前滑りと横方向のふらつきを止め、アーチサポートで外側アーチや内側アーチを支えることができます。自宅にあるすべての靴に装着することで、痛くて履けなくなった靴がまた使えるようになったと喜ばれます。  ハイヒールではなくスニーカー用のインソールもあります。スニーカーや革靴での外反母趾対策としてはリアライン・インソールをご活用いただいております。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・       上のケアは、GLABが運営している Salon de joi (東京都渋谷区)にて受けることができます。週2回、平日に予約制となっていますので、ご興味のある方はお問い合わせください。     余談ですが、リベラシオン・インソールを内蔵したパンプスもあります。 Liberacion (リベラシオン)というブランド名です。現在は9cmヒールのみしか掲載されていませんが、多くの方のご要望に応えて今後7cmヒール、5cmヒールを発売する予定です。

Facebook 足部

しなやかさを失ったアキレス腱

捻挫の既往があり、テーピングなどで滑走性を失うと、アキレス腱が強く緊張した状態に陥ります。その結果、背屈制限、距骨外旋、インピンジメント、荷重位での距骨底屈、内側アーチ降下などのマルアライメントを引き起こす場合もあります。背屈制限の解消を目指す上で、下腿三頭筋・アキレス腱複合体の柔軟性回復は最重要課題の一つです。     アキレス腱の伸張性の低下には、ヒラメ筋と屈筋群、腓腹筋と皮下組織や腓骨筋群など、下腿三頭筋複合体とその周囲の組織との癒着が関与します。このような癒着による過緊張は、主に背屈位でアキレス腱を伸張した際に出現します。     一方、本来はアキレス腱が弛むはずの底屈位において、しなやかさのない棒のようなアキレス腱に遭遇することがあります。下の動画に示すような方法で、足関節底屈位において指で両側から剪断させるように力を加えたときに、硬さを感じます。このようなとき、アキレス腱自体の「変性」が疑われるかもしれませんが、実際のところしなやかさを取り戻すことは可能です。     硬さを作っている原因は「足底筋」です。足底筋は腓腹筋とヒラメ筋の間を下行し、踵骨結節の近位10cmほどのところでアキレス腱内側に出てきます。ここからアキレス腱鞘内を下行して踵骨結節に停止します。この足底筋は腱鞘、腓腹筋、ヒラメ筋の滑走性を失わせる原因となります。     治療としては、足底筋腱とアキレス腱、腓腹筋、ヒラメ筋との間の滑走性を改善させるようにリリースを行います。そうすると、子供のようなしなやかなアキレス腱が復活してきます。     これがアキレス腱断裂の予防になるかはわかりませんが、少なくともアキレス腱炎の治療において、このしなやかさを取り戻すことは不可欠です。もちろん、背屈制限に対しても重要な治療要素となります。       組織間リリースの技術としては、皮下で容易に触知される部分ではありますが、神経のリリースと同様の緻密な技術が必要となり、上級編に位置づけられるかもしれません。 ※こちらの記事は、株式会社GLAB代表の蒲田和芳のFacebookより転載しております。

Facebook 足部

リンパ管滑走性と部分痩せ

左は1回目のリンパ管リリース(左脚のみ)後、右は左右に対して実施した第2回目のリリース後の写真。 皮下脂肪の部分痩せではなく、リンパ管の機能回復による浮腫の部分痩せはある程度可能であることがわかってきました。特に慢性的な浮腫に悩む方にとっては、即時的に効果が出ます。 また、リンパ管と皮下脂肪との可動性を回復すると、皮下脂肪の集積を含む皮下脂肪の偏りが改善され、周囲の薄い皮下脂肪と馴染むようになります。 ※こちらの記事は、株式会社GLAB代表の蒲田和芳のFacebookより転載しております。

Facebook 足部

リンパ管リリース

手強そうな浮腫を見つけたので30分ほどリンパ管リリース。今回は、静脈やSuperficial Fasciaを後回しにしてリンパ管のみをリリースしてみました。 下腿遠位1/3の脛骨内側縁上において、エコーにて皮下組織の断面を描出したところ、皮下組織厚は10mmから6mmに減少。 下腿近位部と大腿部遠位部がすっきり細くなりました。 下腿遠位部は直接触っていませんが、脛骨内側縁はすっきり、外側はあまり変化なし、という結果でした。 ズボンが膝蓋腱までしか上がらなかったが、膝蓋骨上まであがりました。大腿部の中央くらいまでズボンのシワができており、大腿部の周径にも変化があることがわかります。 ※こちらの記事は、株式会社GLAB代表の蒲田和芳のFacebookより転載しております。

Facebook 足部

背臥位でふくらはぎが痺れたら。。。。

ビリビリという異常感覚や重だるさが、ふくらはぎの上部内側よりに生じたら、後大腿皮神経の存在を思い浮かべます。 ここ1ヶ月だけでも、  ・産後の女性 ・膝術後の女子フットサル選手 ・陸上ハードル選手 などで同様の症状を経験しました。私の症例数でこの数なので、一般的にはかなり多くの方が悩んでいるのかもしれません。   後大腿皮神経の触診のポイントは、内閉鎖筋とクロスする坐骨神経を同定し、その内側で指先で内閉鎖筋表層を擦るように内側に移動すると後大腿皮神経が触知されます。さらに、これを内閉鎖筋からリリースしようとすると、下腿の異常感覚が再現されます。     ふくらはぎの異常感覚で困っていたら、ぜひ一度試してみてください。 ちなみにこの解剖図はあまり参考になりません。 ※こちらの記事は、株式会社GLAB代表の蒲田和芳のFacebookより転載しております。

カートを見る