MENU

リアラインブログ・ニュース

お知らせ

記事一覧 keyboard_arrow_right お知らせ
セミナー情報 組織間リリース 精密触診 肩関節 お知らせ

組織間リリース<特別編>肩関節の内容をお知らせします

今年度の下半期に,特別編として限定的に開催する「組織間リリース<特別編>肩関節」の内容をお知らせします。 <目的> ・重度の肩関節拘縮の治療において、確実に拘縮の要素である癒着を解消しながら治療を前進させられるようになる。 ・軽度の肩関節拘縮(肩関節疾患)の治療において、可動域を制限している要素を速やかに見つけ、それを即時的に解消させられるようになる。 ・腕神経叢を正確に触診できるようになり、胸郭出口症候群の治療を習得すること。     <プログラム(予定)> ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 1日目:肩甲胸郭関節の可動性 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ・精密触診の基礎 ・ISRの基礎 ・肩甲骨外側   広背筋、大円筋、前鋸筋、肩甲下筋 ・肩甲骨内側   菱形筋、滑液包、肩甲背神経、前鋸筋、胸郭 ・肩甲骨上方   僧帽筋、肩甲挙筋、後斜角筋、第1肋骨、内上角滑液包 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 2日目:屈曲・内旋可動域獲得・対症療法2 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ・肩峰下スペース   肩峰下滑液包、三角筋深層、烏口肩峰靭帯   烏口上腕靭帯、棘上筋、関節包 ・後部拘縮   三角筋後部線維、腋窩神経、上腕三頭筋外側頭   小円筋、棘下筋、関節包後部 ・腋窩拘縮   上腕三頭筋長頭、腋窩関節包、上腕骨頭   肩甲下筋、関節包 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 3日目:外旋・外転可動域獲得・対症療法2 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ・前部拘縮   大胸筋、小胸筋、上腕二頭筋短頭、烏口腕筋   上腕二頭筋長頭、結節間靱帯   広背筋、大円筋、肩甲下筋 ・肩周囲の末梢神経の触診とリリース   神経根(C5-8))、腕神経叢   副神経、肩甲背神経、肩甲上神経   腋窩神経、尺骨神経

セミナー情報 お知らせ 産前産後

セミナーにおける託児サービスについて

産前・産後ケアに関心のある女性セラピストの方々から、託児先が見つからないことによって勉強の機会を失うことが多いと聞きます。このことは、産前・産後ケアを必要とされる方にとっても大きな損失であると思い、セミナーにおいて「託児サービス」を開設することにしました。 直近の「託児サービス付きセミナー」は以下のとおりです。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ●産前・産後の仙腸関節痛に対するリアライン・セラピー(1日) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  大阪  9月7日(土)  名古屋 12月1日(日)  ※託児の申込締切 8/28(水) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ●組織間リリース初級編:産前・産後ケア ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  大阪  2019/10/13(日)      2019/11/17(日)      2020/1/12(日)  ※託児の申込締切 9/30(月)   ■お申し込み方法 事務局(seminar@realine.info)宛に以下をお知らせください。 ------------------------------ ①受講者氏名 ②携帯番号 ③お子様の氏名 ④お子様の性別 ⑤お子様の年齢 ------------------------------ 予約確定後に、セミナーの受講登録をお願いします。 上記以外のセミナーにおいては、託児を希望する方が5名、もしくは最低2万円を徴収できれば託児サービス設置を検討します。お一人で負担する必要はなく、3000円×7名、4000円×5名など、お知り合いを誘っていただければ一人あたりの負担が小さくなります。 託児サービス設置がきまったら他の受講者にも案内しますので、さらに減額される可能性が高くなります。ある程度の人数が集まりそうであれば、1ヶ月以上前にお知らせください。       勉強の機会を失わないよう、ぜひこのサービスをご活用ください。

セミナー情報 リアライン・デバイス 産前産後 精密触診 お知らせ

関節疾病予防セミナー 2019年下半期が始まります

いよいよ2019年度下半期のセミナーがスタートします。 その内容が一覧できるようにフライヤーを作成しました。各種セミナーがどのような位置づけになっているのかをわかりやすく示しています。まずはこれをご覧いただき、どのあたりを重点的に勉強すべきかを検討してください。      個別のセミナーの開催地やスケジュールは こちらのページ に記載されています。             ダウンロード用フライヤー(PDFファイル)   <セミナーの選択>  中央部分には2軸のフレームワークの中で、縦軸は科学性、横軸は徒手的な技術によって各セミナーの位置づけを示しています。縦軸でみると、上に行くほど学術的、下に行くほど臨床的な観点での情報が多くなります。横軸でみると、右に行くほど精密触診や組織間リリースと行った徒手的な技術に、左に行くほど徒手的な技術を使わない運動療法やデバイスの活用法を中心とした内容となります。    CSPT(クリニカルスポーツ理学療法)は、両軸が交わる位置にあり、これを受講することにより全体を見渡せるようになります。すなわち、最初にCSPTで全体像を把握していただくとともにリアライン・コンセプト(設計図)を理解し、その上でご自身の仕事の状況に応じて重要性の高いものを選択されるとよいでしょう。 ■ セラピスト向け徒手療法  徒手療法を用いて治すことに拘るセラピストであれば精密触診と組織間リリースは不可欠となります。 ■ 産前・産後ケア  産前・産後ケアに興味のある方は、別途 産前・産後ケアシリーズ を御覧ください。 ■ 運動療法・トレーニング  パーソナルトレーナーやアスレティックトレーナーの方には、ハードなトレーニングを安全に行えるよう、効果的にマルアライメントを整える方法を「デバイス実技」や「パーソナルトレーナーズスキル」によって習得されることをお勧めします。       <お得な受講方法>  次に下段を御覧ください。下段には、セミナー受講のための費用負担を軽減していただける方法が記載されています。 ■ 年間パスは、登録日から1年間有効となりますので、いつご登録いただいても無駄なくセミナーにご参加いただけます。 ■ 紹介割引は、職場内などで2-6名で参加される場合にお得になるシステムで、紹介した人は1名につき20%引き、紹介された人は20%引きとなります。6名で参加されると、2名分が無料となるという、たいへんお得な仕組みです。 ■ 再受講割引は、過去3年間に参加されたものと同じセミナーに参加される場合に、30%引きになる制度です。複数回受講して、より深く、確実な知識と技術を習得したいというご要望にお応えする形で作ったものです。  

セミナー情報 組織間リリース 産前産後 リアライン・デバイス 精密触診 お知らせ

産前・産後ケアに興味のある方にお勧めのセミナー一覧(11月12日付け)

GLABが取り組む <産前・産後ケア> において対象となる症状は以下の通りです。        <頭頚部> ・偏頭痛・眼精疲労 ・項部痛・肩こり <腹部・胸郭> ・胸郭可動性低下、挙上位 ・腹直筋離開(軽度) ・腹筋群過緊張(喘息) ・腹筋群・内臓癒着(腸間膜,下行結腸,膀胱,胃など) ・乳腺炎 <骨盤内臓> ・膀胱下垂、膀胱・子宮癒着 ・生理痛 ・便秘 <骨盤底筋> ・骨盤底筋機能不全 ・尿もれ <腰背部痛>  ・肩甲背神経痛 ・多裂筋・棘突起癒着 ・急性腰痛後の多裂筋・腸腰靭帯癒着 <骨盤帯痛> ・恥骨部痛 ・仙腸関節痛 ・上殿神経痛 <下肢> ・下肢浮腫 ・静脈瘤     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  ●周産期ケア勉強会(3時間) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━    各地の会議室、クリニック、ホテルなどで開催する少人数での勉強会です。 治療体験、治療の技術習得を目的に、これまで200名を超えるセラピストにご参加頂いております。 ■受付中の勉強会   11月16日 大阪(19-22時、新大阪)懇親会なし  △11月23日 東京(18-21時、渋谷)懇親会あり   12月6日 神戸(19-22時、新神戸)懇親会なし  △12月14日 岡山(15-18時、渋谷)懇親会なし  △12月21日 東京(18-21時、渋谷)懇親会あり  ※登録: http://bit.ly/2TWOkmE  ※△ あと2枠以内   ☓ 満員   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  ●産前・産後ケア無料セミナー(3時間) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  当専門部会の治療法を多くの人に知ってもらうための無料セミナーです。 3時間で、多数の症例紹介を通じてリアライン・コンセプトに基づく産前・産後ケア、不調の解決法を紹介します。     (調整中)   ※ 地域で活動中の団体等からのご依頼に応じます。         ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  ●産前・産後の仙腸関節痛に対するリアライン・セラピー(1日) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  産前・産後の仙腸関節雨の治療法について、評価法、治療理論、治療法実技を行います。1日で、治療の流れが理解でき、産前・産後の仙腸関節痛に対して、明確な方針を持って取り組むことができるようになります。  名古屋 12月1日(土)              ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  ●組織間リリース初級編:産前・産後ケア ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 産前・産後の筋や神経の不調、腹部の張り、腹直筋離開予防、仙腸関節障害などに対する徒手的な治療法(組織間リリース)を習得していただくためのセミナーです。     大阪  2019/10/13(日)      2019/11/17(日)      2020/1/12(日)   (受付終了)   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  ●エコーで検証しつつ学ぶ精密触診®と組織間リリース® ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  名古屋  1月11日(土)  長崎   2月22日(土)     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  ●組織間リリース ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ②股関節・骨盤(中級編) 骨盤のマルアライメントの治療に必要な股関節周囲の癒着に対する組織間リリースを習得していただくためのセミナーです。  東京   2019/10/19(土)       2019/11/23(土)       2019/12/21(土)   (受付終了)     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  ●組織間リリース<特別編>:尿失禁ケア ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 産後の尿失禁(尿漏れ・尿もれ)は治ります。そして治せます。確実に治すためには、 ・膀胱壁への緊張伝達の解消(膀胱周囲の癒着の解消) ・尿道の滑走性の改善(尿道括約筋の収縮を阻害する要因の解消) ・骨盤底筋の随意的、不随意的な活動(骨盤底筋と周囲筋、骨盤底筋内の癒着の解消) を組織間リリースを用いて行うことが必要です。このセミナーでは、尿失禁ケアに特化した組織間リリースを講習します。  東京   2019/11/9(土)      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  ●CSPT(部位別の疾患概念、評価、デバイス、治療法) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  ①東京会場   10月 足部   11月 肩関節  12月  肘、手関節     ②広島会場(講師:星賢治)  イントロダクション 9月1日(日)  (精密触診、組織間リリースの基礎実技を含む)  骨盤        11月3日(日)  胸郭        1月26日(日)  腰痛・骨盤痛    3月15日(日)

組織間リリース 産前産後 お知らせ

「組織間リリース」から「癒着の医学」へ

5年前に産後の仙腸関節痛の研究を開始し、1年前にその他の症状も含めた産前・産後ケアに取り組み始めました。この間、様々な症状の治療を経験し、精密触診と組織間リリースを使って、文字通り「手探り」で治療を行いつつ、その反応を検証してきました。 主な症状は以下のブログに記しておりますが、診療科として分類するだけでも整形外科(運動器)、消化器内科、呼吸器内科、産婦人科、泌尿器科、肛門科、神経内科、麻酔科などの分野にまたがります。(具体的な症状一覧をコメント欄のブログに記載)  いろいろな症状はありますが、これらの機序には「癒着」が関係しており、癒着の治療(組織間リリース)によって多くのものが解決されます。もちろん、徒手療法のみで解決できるわけではありませんが、「癒着」への治療は症状解消のための重要な一部になることは間違いありません。 言うまでもなく、妊娠期には子宮の拡張によって様々な臓器にしわ寄せが生じます。胃は上方に、膀胱や直腸は下方に圧迫され、腸間膜は腹横筋に押し付けられた状態が続きます。加えて、側臥位での生活習慣も神経や筋の癒着を引き起こします。同じことは加齢による癒着、既往歴の積み重ねによる癒着などでも生じます。 これまでの取り組みで、関節疾患、肉離れなど筋疾患、神経因性疼痛などにおいて「癒着の医学」が遅れていることは痛感していました。内臓においても「癒着の医学」が不十分であることが感じられます。そして癒着を解消させる技術が発展すると、手術や薬を必要としない新しい治療法として、慢性化した症状の治療の発展に大きく貢献できるものと考えています。 癒着の医学を妨げる原因は、癒着そのものの視覚化が困難であること、また癒着を解消するための無侵襲の治療法が容易ではないこと、の2点に集約されます。癒着が視覚化されることで、癒着に対する治療効果の判定が用意となます。一方で、再現性の高い治療法が確立されると介入研究が用意になります。 エコーとハイドロリリースの組み合わせは上記の課題を部分的に解決し、今後の研究の発展が期待されます。しかし、胃と横隔膜の癒着、膀胱と外腸骨静脈の癒着などには最適とは言えず、MRIによる癒着の視覚化の技術が求められることになりそうです。いろいろな診療科との連携、超音波やMRIなど画像分析技術の開発、内臓も含めた治療法の開発など課題は多数ありますが、課題を多方面の専門家と共有しながら、自分の身の置き場を考えつつ進んでいきたいと思います。 セミナー情報はこちら #リアライン #癒着の医学 #産前産後 #産婦人科 #整形外科 #変形性関節症 #神経因性疼痛 #泌尿器科 #乳腺炎 #尿失禁 #月経困難症 #胃痛 #偏頭痛 #臓器下垂感 #腹直筋離開 #その他多数の症状

お知らせ セミナー情報 産前産後 商品情報

<ウィメンズヘルスケアフォーラム2019 大阪大会> 参加特典のご案内

ウィメンズヘルスケアフォーラム2019 大阪大会 ご参加者様へ ウィメンズヘルスケアフォーラム2019 大阪大会にブースを出展いたします株式会社GLABと申します。当日、講演を行う蒲田和芳(広島国際大学、株式会社GLAB)が開発したリアライン・コアSIや開発中のリアライン・チェアの試作品を展示させて頂きます。      ・-・-・-イベント情報・-・-・-・ 「ウィメンズヘルスケアフォーラム2019大阪大会」 ・日程:2019年7月7日(日) ・お申込み: http://u0u1.net/XCMK ・5%引きクーポンコード:    glab2019woman0707osaka ・主催:株式会社エバーウォーク ・共催:株式会社GLAB ・-・-・-・-・-・-・-・-・-・     【産前・産後ケアのための商品】 ■リアライン・コアSI:  ・SI(仙腸関節)の安定化に特化したベルト状の運動器具。 ■リアライン・チェア:  ・座るだけで骨盤のアライメントを整え、下肢の血流減少を防止し、体幹筋活動を増大させる座椅子。 ■リベラシオン・インソール:  ・ヒールのあるパンプスに多くの女性が泣かされています。今回、足の前滑りをストップするインソールを展示販売します。 ■リアライン・ソックス・ソフトロング:  ・足関節の動きを向上させつつ、下腿のむくみ対策として効果的なハイソックスを展示販売します。 ■その他、リアライン商品(ソックス、インソールなど)     【名刺交換特典のご案内】 当日、ブースで弊社スタッフとお名刺交換頂いた方には以下の特典がございます。 ■特典① セミナー割引(10%off、5名様30%off) ■特典② リアライン商品割引注文用紙(10%off) ■特典③ 蒲田が公表した論文・当日のハンドアウト(PDF版)の提供 ■特典④ フェイスブックページ「リアライン産前・産後ケア受講者グループ(非公開)」にご招待     【産前・産後ケアセミナーシリーズ紹介】 ◎産前・産後の仙腸関節痛に対するリアライン・セラピー   大阪:産前・産後の仙腸関節痛に対するリアライン・セラピー(9月7日)   東京:産前・産後の仙腸関節痛に対するリアライン・セラピー(7月28日)  ◎組織間リリース(ISR)初級編 産前・産後ケア   大阪:10月13日・11月17日・1月12日(3日コース)    https://realine.info/seminar/pregnant 【お知らせ】 弊社ではリアライン商品を取り扱う代理店を募集しております。代理店登録をご検討の方、話だけでも聞いてみたいという方、スタッフが詳しい内容を説明させていただきますので、是非お声かけ下さい。 その他ご質問等ございましたら、下記メールアドレスまでお気軽にお問合せ下さいませ。 info@realine.info フォーラム当日、皆様にお会い出来ることを楽しみにしております。 株式会社GLAB セミナー情報はこちら

お知らせ セミナー情報 Facebook 組織間リリース 産前産後 精密触診

#リアライン の投稿をお願いします

GLABは、リアライン・コンセプトに基づく治療の実践に不可欠な知識と技術を確立し、その普及に取り組んでいます。 具体的には、 ①リアライン・コンセプトに基づく治療の設計図の普及・啓蒙 ②リアライン・デバイスの活用と運動療法の方法の開発と普及 ③精密触診と組織間リリースの技術の普及(同時に挫滅マッサージ撲滅) ④関節疾患および運動器愁訴の治療法の確立と普及 ⑤産前・産後の諸問題を解消させる治療法の確立と普及 などが挙げられます。   しかし、GLABだけの力では、これを全国の医療従事者に広めることはできず、地域格差、情報格差が大きくなっているように感じています。困っておられる患者様が全国におられる中、この知識と技術の普及に加速度をつけていかなければなりません。そこで、セミナー受講者の皆様にSNSでの情報共有に何卒ご協力をお願いしたいと考えております。   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー  SNS拡散キャンペーンの概要 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 【目的】 1)様々な身体的不調に苦しむ方々に全国のセラピストからの投稿を通じて”光(治る可能性)”に関する情報を届けること 2)全国の医師、セラピストにリアライン・コンセプトに基づく治療法に関心を持っていただくこと 3)投稿内容をきっかけとして、新しい治療法に関する研究が立ち上がり、徐々に医学的に価値のある知識へと進化させること 【お願い事項】 より多くの方に知っていただくため、セミナーや勉強会に参加された方にSNS(Facebook、Twitter、Instagram)での拡散をお願いします。具体的には、セミナーや勉強会後に、その感想や得られたもの、今後の臨床への意気込みなどをSNSに投稿していただき、以下の3つのハッシュタグをつけるだけです。  #リアライン  #リアラインコンセプト また、発信される内容に応じて,以下のようなハッシュタグを追加してください。  #セミナー  #組織間リリース  #精密触診  #(その他セミナー名)  #理学療法士  #柔道整復師  #トレーナー  #(その他資格名)  #産前産後  #尿もれ  #腹直筋離開  #仙腸関節痛  #(その他疾患名)    #リアラインコア  #リアラインレッグプレス  #(その他商品名) 【お礼】 GLABでは上記のハッシュタグ付きの投稿を毎週月曜日13時に検索し、その前の1週間の全ての投稿の中から、いいね(Like)やリツイートの数で上位5名の方に ・GLABの商品(定価1万円以下) ・セミナーゲスト参加(受講料12960円以下,資格取得の受講履歴あり) のどちらかをプレゼントいたします。 【対象】 検索日(原則として月曜日13時)前の1週間の投稿を対象とします。(例 6月24日9時から6月31日9時まで)   【いいねを増やすために】 「いいね」を増やすためには、以下のような点に留意されることをお勧めします。 1)セミナーで学んだことの中で、勉強になったことをできるだけ具体的に記載する。特に,強く推奨するポイントを具体的に記載する。  ※ 例えば、「腰痛治療の中で、下位胸郭の拡張可動性とその対称性がいかに重要なのかを理解できた」というように、他のセラピストにも知ってもらいたいことを1-2個記載してください。 2)セミナー後の他の受講者,講師,アシスタントとのスナップ写真をアップする。  ※ GLABもしくは蒲田が発信した写真はご自由にお使い下さい。  ※ 講師・アシスタントはセミナー中の休憩時間や終了後にはできる限り写真撮影に応じます。 3)一緒に参加した同僚や知人などできるだけ多くの人をタグ付けする。  ※ タグ付けの承諾を事前に得ておいて下さい。 4)セミナーで得られた知識や技術により、自分自身の臨床がどのように進化したか、その達成のためにどのような努力をしているか、などご自身の臨床に生じた変化を記載する。 5)週の後半ではなく、セミナー直後の「月曜日」に投稿する。

お知らせ セミナー情報

2019年度下半期のリアラインセミナーシリーズの受講登録の受付を開始

■主な下半期のセミナー ◎徒手的技術  組織間リリース:股関節・骨盤<東京会場>  精密触診<福岡、名古屋、長崎>  リアライン・フット<大阪会場>      ◎産前・産後ケア  組織間リリース:産前・産後ケア<大阪会場>  産前・産後の仙腸関節痛に対するリアライン・セラピー           <大阪会場、名古屋会場>     ◎デバイス活用  パーソナルトレーナーズスキル<東京会場(初)>  脊椎リアライン実技<東京会場> Level 1必須  脊椎・下肢リアライン実技<東京会場> Level 2必須      ◎コミュニケーション  メディカル・コミュニケーション<東京会場>    → Level 2認定試験予習会  プロフェッショナル・プレゼンテーション<東京会場>    → Level 3認定試験予習会 ■日程表: PDF     ■受講登録:  ReaLine.info

お知らせ セミナー情報 腰痛骨盤痛 骨盤 胸郭 産前産後

CSPT広島<体幹編> 中国地方で精密触診、骨盤・胸郭リアライン、腰痛・骨盤痛治療を学ぶ

全身の関節疾患治療を学べる人気セミナー、クリニカルスポーツ理学療法(CSPT)の広島開催が決定いたしました。 今回は、リアライン・コンセプトの総論(治療の設計図)とその実現のための精密触診・組織間リリースの技術を習得するイントロダクションを学んだ上で、骨盤・胸郭の機能低下の改善、そして最終的に腰痛・骨盤痛の治療法を習得できる4日間となっております。 ◆クリニカルスポーツ理学療法(CSPT):広島会場 ◇日時・内容 ■第1回 9月1日(日): イントロダクション  リアライン・コンセプト治療の設計図、精密触診・組織間リリースの基礎 ■第2回 11月3日(日): 骨盤  骨盤マルアライメントの病態、評価、運動療法(リアライン・コア含む)、組織間リリース ■第3回 1月26日(日): 胸郭  胸郭マルアライメントの病態、評価、運動療法(リアライン・コア含む)、組織間リリース ■第4回 3月15日(日): 腰痛・骨盤痛  腰痛・骨盤痛の病態評価、原因因子から治療プランの組み立て、運動療法、結果因子への組織間リリース     ◇講習時間 9:30-16:30   ◇場所 朝日医療専門学校広島校 701教室 JR山陽本線「西広島駅」より徒歩5分 広島電鉄「広電西広島駅」より徒歩3分 お申込みは こちらから CSPT東京会場のお申込みも好評受付中! 詳細は こちら みなさまのご参加をお待ちしております。

産前産後 お知らせ セミナー情報

出産よりもつらい「産後の胸のハリ(乳腺炎)」の治療経験

勉強会の参加者に「産後の胸のハリ(乳腺炎)」が痛すぎて,出産よりもつらいという方がおられました。   この方に対して,乳腺に対する治療は行わず,乳腺から血液の出口である静脈やリンパ管の流れを改善するような治療を行いました。仰向けになっていただき,鎖骨の3cm定度下方から脇の下にかけて,腕神経叢に沿って存在する癒着をリリースする治療です。腕神経叢という神経と血管が束になっている部分を鎖骨や肋骨,大胸筋や小胸筋からリリースして,その緊張を和らげました。 通常は,胸郭出口症候群(首に問題がないのに腕がしびれる神経の圧迫症状)に対して,このような治療を行います。神経を癒着から解放する治療は,同時に鎖骨下静脈などの圧迫を解放することにもなり,結果として静脈の流れも改善したのだと思われます。乳腺にノータッチでも,みるみるうちにハリが取れていくのが見て取れました。そして,治療後の授乳により,症状がさらに大きく改善。棚ぼた的な発見ですが,多くの困っておられる方に朗報だと思います。 以下,ご本人のコメントです。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 昨日は施術、勉強会ともにありがとうございました! <経過> 産後2ヶ月から約4ヶ月間、授乳の需要と供給があわず月に1〜2回は白斑ができ、岩のようにおっぱいがガチガチにはっていました。 産後4ヶ月に入り、子どもの上唇小帯と舌小帯の切開をおこない、おっぱいと唇のアタッチメントが改善し、飲みが良くなり、白斑の回数は減ったものの、少量を頻回に欲しがるのは変わらないままでした。 生後7ヶ月前から離乳食を始め、少しづつ量は増えたものの、やはりおっぱいを欲しがるのは変わらず。そのおかげで白斑、乳腺炎は起こさずに経過できました。 生後9ヶ月(4月)に入りパートで仕事を再開し始めてから、授乳間隔があくようになり白斑乳腺炎が再発。毎週のようにおっぱいがガチガチになっています。おっぱいケアにも通っていましたが、絞れば絞るほど過剰供給になっているように感じており、産後6ヶ月以降は受診せずに、授乳姿勢の改善、ストレッチ、自己の乳頭マッサージ程度でケアをしています。     <治療結果> 勉強会中での授乳でかなり胸のハリも収まりました。ただ,最初はおっぱい表面のハリが改善したものの、奥の方のハリや内側のハリは実感できずにいました。 しかし、施術後2回の授乳で、子どもも飲みやすかったのか、しっかりと飲んでくれました。帰宅後寝かしつけの授乳で奥の方の乳腺のしこりや、しつこく残っていた内側の乳腺のしこりは完全に取れました。いつもなら,授乳後の時間も持続するチリチリジクジクする痛みから解放されました! その日の寝かしつけ授乳の後は,腹臥位(うつぶせ)で胸を圧迫してもまったく痛みなく眠ることができました。   1日経った今も無駄なハリもなく楽に過ごせています!   3日後、胸の痛みなく過ごせています。胸のハリもないです。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・       「妊娠・出産後だから」という理由で、現在の不調の治療を諦めていませんか? 「産後は一生続く!」この一言がすべてを物語るように、妊娠・出産が女性の体に及ぼす変化やダメージは放置すれば一生続きます。特に「癒着」によって起こった筋機能低下、神経障害、過活動膀胱、胃の圧迫症状、子宮周囲の痛み(生理痛を含む)、さらには腕神経叢の絞扼障害の一つとしての乳腺炎(母乳のリンパ・静脈への潅流障害)などは、対症療法や運動療法では解決できず、「産後は一生続く!」という状態に陥ってしまいます。しかし、癒着に対する治療を適切に行うことで、ほとんどの不調は解決できます。そのためには,治療技術が必要です。 セラピスト向けに産前・産後ケアに関するセミナーを開催していますので,上記のような治療に興味のある方は,以下をご参照ください。 各種セミナー 直近の勉強会など

カートを見る