MENU

リアラインブログ・ニュース

骨盤

記事一覧 keyboard_arrow_right 骨盤
Facebook 骨盤 産前産後

臨月の骨盤ケアのゴールは「安心」と「快適」

周産期の骨盤の弛みについての研究はほとんどなく、弛んだ結果骨盤のアライメントはどのように変化するのかについての研究は見当たりません。妊娠後期にMRIなどの画像検査を行いにくいという点からも実施が容易ではないテーマであるのですが、少なくとも産後の骨盤の変化は縦断的に追いかけられると考え、そのような研究をスタートしつつあります。     さて、触診と治療経験に基づくと、出産前の仙腸関節痛の原因はそれほど厄介なメカニズムではないと考えています。端的にいうと、非妊娠者に生じる仙腸関節痛と同様のメカニズムによって起こり、同様の治療によって症状を軽快させることができます。     特徴的なアライメントパターンとして、寛骨内旋によるPSIS間の離開、または寛骨下方回旋によるPSISの離開のいずれかに集約されます。寛骨前後傾は胎児からの骨盤拡張方向の力により改善され、対称性は良好である例が多いと感じています。     寛骨内旋に対しては縫工筋や鼠径靱帯周囲の軟部組織のリリースによって改善が見込めます。寛骨下方回旋に対しては、関節包と小殿筋など外転筋の癒着をリリースすことで改善に向かいます。PSIS間距離を短縮させるようなアライメントに対する治療を行うことで症状は半減します。   その上で、中殿皮神経、上殿皮神経、長後仙腸靭帯、梨状筋付近などの結果因子に対する対症療法を行うことで、寝返り時の痛みなど主訴はほぼ解消されます。     このような治療が胎児にどのような影響を及ぼすのかについては十分分かっていません。組織間リリースによる対症療法は、薬剤を使わないという点で副作用の心配はありません。PSIS離開を軽減させるようなアライメントに対する治療は、胎児の環境に何らかの影響を及ぼす可能性はあります。     そのことを踏まえ、上記の治療は母体が「快適」であることを常に意識します。快適さの基準は痛みだけでなく、息苦しさや椅子坐位や背臥位の姿勢保持の快適さを含めて考えていきます。そのため骨盤のみの治療で終えるのではなく、少しでも腹腔容積を広げ、胸郭可動性を改善するような治療も同時に行います。その結果、日常生活の痛みの軽減、睡眠障害またはその原因の解消、そして「安心」と「快適」を確保します。 ※こちらの記事は、株式会社GLAB代表の蒲田和芳のFacebookより転載しております。

Facebook 産前産後 骨盤

臨月の鼡径部の詰まり、違和感、拘縮、そして骨盤アライメント

妊娠後期でもアスリートでも、あるいは一般の腰痛患者の治療においても、骨盤アライメントと股関節の拘縮は常に表裏一体の関係にあります。右鼡径部に拘縮があれば、同側の寛骨は前傾方向に引かれて骨盤は歪んだ状態になります。     仰向けで腰部に負担を感じるとき、もしかしたら片側の寛骨が前傾していることが原因かもしれません。例えば右寛骨が前傾すると、右寛骨の後部は上方に移動するので、仙骨が傾きます。その影響が腰の筋肉の緊張を高めるのです。そのような状態が疑われたら、手で左右の寛骨の前後傾を修正すると、その瞬間に腰の張りが軽減されることで確認できます。      こういう非対称的な骨盤の状態が把握できたら、どの筋肉が寛骨を前傾方向に引いているのかを丁寧に探っていきます。特に緊張の強い組織があれば、おそらくそれが原因でしょう。     この動画では、右の大腿直筋と腸骨筋との間で分岐した大腿神経を触知しています。最初に大腿神経を大腿骨頭上の関節包から剥がすようにして外側に向かってリリースします。そうすると、内側の腸骨関節包筋の外側縁が触知されるので、関節包をこするようにしてこの筋を内側に向けてリリースします。     この妊婦さんの場合は、上記によって寛骨が左右対称となり、背臥位での不快感が解消されました。 ※こちらの記事は、株式会社GLAB代表の蒲田和芳のFacebookより転載しております。

Facebook 骨盤 腰痛骨盤痛 産前産後

妊娠後期の仙腸関節痛

妊娠後期に胎児の成長とともに骨盤は弛んでくると思われがちですが、実際には胎児が下がってくる出産直前まではほとんど弛みません。したがって、この時期の仙腸関節痛は非妊娠者の通常の仙腸関節痛とほぼ同じと考えて治療を進めることができます。   疼痛部位は右PSIS付近(One finger test +) 前屈、後屈、寝返り、右脚荷重で鋭痛 アライメントは、  PSIS間距離11cm  右寛骨後傾、左前傾  仙骨左傾斜(尾骨は右方向に偏位) ということで、左鼠径部と右臀部のリリースによりアライメントはほぼ対称となり、PSIS間距離も10cm程度にまで改善。   この時点で疼痛は大きく改善したが、もう少しPSIS周囲の痛みを探るため触診を実施。疼痛部位は中殿皮神経と長後仙腸靱帯であることを特定したので、これらを徒手的にリリース。痛みはほぼ0に改善しました。       非妊娠者の治療と異なる点は、腹臥位での治療ができないため、側臥位となること、またリアライン・コアを使用しにくいこと等が挙げられます。これらを除けば、ほぼ問題なく通常の骨盤リアラインの治療を行うことができます。 最後に帰宅後の本人のコメント: 「寝返りの痛みがなくなり、本当にびっくりです!」 ※こちらの記事は、株式会社GLAB代表の蒲田和芳のFacebookより転載しております。

カートを見る