MENU

リアラインブログ・ニュース

リアライン・デバイス

記事一覧 keyboard_arrow_right リアライン・デバイス
Facebook リアライン・デバイス 腰痛骨盤痛

リアライン・チェア検証中

骨盤のゆがみにはいろいろなパターンがありますが、これらのどのパターンの人が座っても好ましいアライメントに誘導する椅子を開発してきました。構想に10年を要しましたが、ようやく形になってきました。 できてみて初めて、骨盤の良好なアライメントは長時間坐位の不快感である腰背部の痛みだけでなく、むくみや冷えにも効果があることがわかってきました。長時間坐位後の歩行機能の回復がすばやく、高齢者の立ち上がり直後の転倒リスク低下にも役立つかもしれません。         <クッション> リアライン・チェアもしくはリアライン・シートの使用感を検証中。クッションの厚みを中心に、快適さと効果に対して最適な条件を探していきます。      <名称> チェア(chair)は主に足のある椅子飲みを指すのに対し、シート(seat)は腰掛けるものや座面を指すのでより広い概念。リアライン・ペルビス(骨盤)というのも候補です。名称についても最終的な決断が近づいてきました。       <ねらい> 1.アライメント(ゆがみ)と腰痛  座っているだけで骨盤のアライメントを改善し、仙腸関節の適合性を向上させます。長時間坐位の不快感を軽減し、勉強やデスクワークの生産性をアップします。仙腸関節痛や腰痛で長時間座っていられない方、また治療院や整形外科の待合椅子などにご活用いただきたいと考えています。       2.骨盤底筋  通常、背臥位など仙腸関節が不安定な状態で骨盤底筋を単独収縮させると、坐骨が接近し、尾骨は前方に引き出されて仙腸関節は不安定になります。ところが、これに座ると仙腸関節の安定性をしっかりと保ちつつ、骨盤底筋が適度に刺激され、その随意的・不随意的な活動が誘発されます。つまり、座りながら、最も安全に骨盤底筋のトレーニングを行うことができます。      3.むくみと冷え対策  仙腸関節が安定すると、自然に股関節周囲の筋肉が弛みます。その結果、股関節や大腿部の血管やリンパ管への圧迫が軽減され、むくみや冷えに効果があると考えられます。今後の検証が必要ですが、デスクワークでのむくみや冷えで悩む方には是非使っていただきたいと思います。      4.長時間坐位後の歩行機能改善・転倒予防  坐位中の骨盤安定性が保たれるため、長時間坐位後の歩行開始時の荷重伝達機能が良好に保たれます。長時間坐位後のTUGを測ると、その効果が証明されるはずです。今後高齢者施設との共同研究を進めたいと思っています。 5.椅子坐位での坐骨神経痛  椅子に座ると足がしびれるという方が時々おられます。これは、座面に当たる坐骨のすぐ外側には坐骨神経があるためで、足がしびれる人はその坐骨神経の位置がやや坐骨の下に入り込んでいるのです。これに対して、リアラインチェアは坐骨のやや内側を圧迫するため、坐骨神経を圧迫する可能性がなくなります。        <対象> ・受験生、学生 ・デスクワーク従事者 ・産前・産後の女性 ・仙腸関節障害や尿漏れのある方 ・座ると足がしびれる方 ・高齢者施設・家庭 ※こちらの記事は、株式会社GLAB代表の蒲田和芳のFacebookより転載しております。

Facebook リアライン・デバイス

リアライン・ベルト2

骨盤の全てのマルアライメントパターンに対して、有効に仙腸関節の安定化が得られるベルトを設計するのに4ー5年費やしましたが、ようやく出口が見えてきました。 リアライン・コアSIから学んだことも活かしつつ、常用できる構造やデザインを作り込んで行きます。 仙腸関節の痛みのために社会生活が困難な人を減らすことを目的としますので、即座に実感できる有効性をさらに追求していきます。 ※こちらの記事は、株式会社GLAB代表の蒲田和芳のFacebookより転載しております。

Facebook リアライン・デバイス

リアライン・ベルト

リアライン・コアSIとリアライン・レッグプレスver3を上市することができました.そして,リアライン・チェア(座椅子)の発売に向けた準備も着々と進んでおり,11月には本格的なお披露目ができる予定です. そして,この後には,以前から構想を重ねてきたリアライン・ベルト(骨盤ベルト)の開発に本格的に着手しました.コアSIによる仙腸関節安定化の効果をどのくらい手動式のベルトに反映できるのかが課題でしたが,メカニズムはほぼ固まりつつあり,今後は試作を繰り返しながら微調整を繰り返すことになります.また鼠径部の血管神経の圧迫を回避する構造を重視しており,装着による下肢の血流障害を防ぎたいと考えています.           仙腸関節障害に対して, ・待合室でのリアライン・チェアの使用 ・リアライン・コアSIの10分間のエクササイズ ・リアライン・ベルト着用して帰宅 というような流れでかなりの症状は軽減できるはずです.これに組織間リリースにより骨盤のマルアライメントの原因となる滑走不全を解消させつつ,ベルトの使用時間を徐々に短くして行くことで,症状寛解までの道のりが,相当スムーズになると思われます.       リアライン・チェア,リアライン・ベルトともに初期費用がそこそこかかるため,クラウドファンディングを使いながら開発を進めます.一方で,リアライン・チェアを組み込んだ椅子の開発,リアライン・ベルトを組み込んだ作業服の開発などにも着手していきます。 ※こちらの記事は、株式会社GLAB代表の蒲田和芳のFacebookより転載しております。

商品情報 リアライン・デバイス

リアライン・レッグプレス Ver.3が販売開始!

リアライン公式サイトにてリアライン・レッグプレス Ver.3の販売を開始しました。 膝関節の可動域を改善し、ハムストリングスの筋活動の正常化にも効果を発揮します。 リアライン・レッグプレス Ver.3について詳しくは こちら をご覧ください。 また、下部の動画では使用方法をご紹介しております。

Facebook 商品情報 リアライン・デバイス

リアライン・レッグプレスver3

リアライン・レッグプレスver3の開発が完了し、商品の製造を開始しました。2ヶ月後の8月上旬に入荷する予定です。初回の入荷は50台で、定価はまだ決まっていませんがおそらく13万円前後になる見込みです。       今回は特に患者様に自宅で毎日使っていただけるように、安価で、軽く、シンプルな構造に仕上げました。きっと多くの膝OAに悩む方のお役に立てるものと確信しています。 なお、リアライン認定資格者の方は、このレッグプレスを商品として販売できます。皆様の患者様に是非おすすめください。      7月より以下のページで予約販売を開始します。 https://realine.info/realine/all どうぞよろしくお願いいたいます。 ※こちらの記事は、株式会社GLAB代表の蒲田和芳のFacebookより転載しております。

Facebook 股関節 リアライン・デバイス

骨盤輪不安定症に伴う寛骨の代償運動

股関節可動域に制限がないと思っても、また可動域の改善が認められたと思っても、実はそれは骨盤輪不安定症に伴う寛骨の代償運動が含まれている可能性はないでしょうか?        仙腸関節の問題を考える上で、骨盤の代償のない純粋な股関節の可動域を測定することが必要です。しかし、骨盤の代償のない状態を作るには、徒手的な操作のみでは不可能。そういうとき、リアライン・コアで骨盤の代償を抑制したうえで股関節の可動域を測定してみてください。代償がいかに大きいかがわかるでしょう。 ※こちらの記事は、株式会社GLAB代表の蒲田和芳のFacebookより転載しております。

Facebook リアライン・デバイス 商品情報

リアライン・コアSIの断面の写真

貞松病院の貞清先生が、リアライン・コアSIの断面の写真をアップしてくださいました。       PSIS外側を圧迫するパッド(赤丸)に対して、ベルトのルートがかなり外側にはみ出しているのがおわかりいただけると思います。このはみ出し部分によって回転モーメントが生み出され、仙腸関節後部を的確に圧迫することが可能となります。      単に圧迫するだけではなく、寛骨の矢状面の回転による非対称性を改善させつつ、また足踏み等の運動によって仙骨の前額面傾斜を修正しつつ、仙腸関節を圧迫します。これにより適合性と安定性の両方を同時に達成することが可能になりました。        今後、これを用いた研究として、装着時(適合性改善時)と非装着時をMRIで比較することにより、両者の仙腸関節の密着度の相違を明らかにしていきたいと思っています。出産直後や仙腸関節障害の方と健常者とを比較することで、鮮明にその差を検出できる可能性があります。      将来的には、これをストレスMRIと名付けて、診断の一助にできないかと思っています。理想的な適合性と現状との差を視覚化することでどの程度仙腸関節が離開しているのかを確認し、ブロック注射の効果とともにマルアライメントの修正の方向性を明示できると想像されます。 ※こちらの記事は、株式会社GLAB代表の蒲田和芳のFacebookより転載しております。

カートを見る