MENU

リアラインブログ・ニュース

セミナー情報

記事一覧 keyboard_arrow_right セミナー情報
セミナー情報 お知らせ

2020年度 オンラインセミナーへの振替について

2020年度GLABセミナー開催方針   新型コロナウイルス感染拡大に伴い、セミナー開催の可否および代替措置について検討して参りました。多くの受講者の皆様からのご要望に基づき、以下の通り開催方針をまとめました。現時点では、オンラインセミナーに変更することが受講者の皆様の「ご心配」と「感染リスク」を取り除く上での最善の措置と考えております。ご不便をおかけしますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。      ■ 開催延期となる場合の基本的な考え方は以下のとおりです。 ①座学: オンラインセミナーにより今年度中に受講機会を必ず確保します。 ②実技: オンラインセミナーにて運動療法や徒手療法の方法を一層詳しく説明しいたします。  ・オンラインセミナーを受講された方は、来年度開催の同タイトルのセミナーに50%オフでご参加頂けます。  ・2021年度は、2020年度と同じ都市で、同じタイトルのセミナーを開催いたします。 ③<関節疾患>組織間リリース(J-ISR)または<産前・産後>組織間リリース(P-ISR)の3回セットシリーズに1つでも登録された方は、それぞれの再編された全てのオンラインセミナーにご参加いただけます。(単発申し込みは対象外) ④年間パス購入者の皆様には、全てのオンラインセミナーをご受講いただけます。 ⑤関節運動指導士必須セミナーはすべて中止とさせていただきます。    ■受講者の皆様へ  今回の新型コロナウイルス感染症の拡大は、運動器やスポーツ疾患、あるいは産前・産後ケアの臨床にも多大なストレスと不安を与えております。特に臨床場面では、セラピスト自身がウイルスを媒介するリスクを意識せざるを得ないものと思われます。新型コロナの養成患者の受け入れにより、他の疾患に苦しむ患者様にしわ寄せが生じることもあるかもしれません。このような状況ですが、目の前の患者様の苦しみを少しでも早く取り除きたい受講者の皆様から、勉強の機会を失いたくない旨のご要望を多数いただきました。  GLABとしては、感染拡大を起こしてはならないという大前提を崩すことなく、皆様の勉強への意欲と必要性を受け止めた結果、上記のような双方向性オンラインセミナーを作り上げることにいたしました。ライブセミナーとは異なりますが、受講の成果としての治療コンセプトの理解度、治療技術の習得をこれまで以上に効率化できるよう、新しいセミナーのスタイルを構築して参ります。その旨御理解の上、皆様のご参加をお願い申し上げます。 ■オンラインセミナーについて  オンラインでのセミナーと実際のライブセミナーとの大きな違いは、双方向性とハンズオンに集約されます。双方向性とは、受講者側から講師への質問、働きかけ、コメント、言語外の表現(うなずき、表情など)、受講者の実技の様子などがあります。オンラインでは一方通行になりがちですが、そのデメリットを打ち消し、通常のセミナー以上の双方向性を確保できるシステムを構築いたします。一方、ハンズオンについては、オンラインの欠点として、講師が受講者に手を触れて感触を掴んでいただくことがなかなかできなくなります。その不足分を補うため、受講者の実技パートナーの方に治療を受けた「感触」を数値化していただき、双方向性のシステムにより提出していただく形となります。   1. オンラインセミナー   座学においては、講師のパソコン上のPowerPointでのプレゼンテーションをZoomにて配信します。   実技では、ウェブカメラで講師の手元を映します。 2. 双方向性   講師側のパソコンには受講者の手元を映し、受講者の理解度、習得状況を把握します。   小学校などのICT教育で用いられているクラウドアプリを用いて、受講者の質問を受け付けます。挙手が必要ないので、通常の質問以上にお気軽に質問ができます。(時間の都合により、全てに回答できるわけではありませんが。)   上記のアプリを用いて、皆様の実技の様子を動画として提出していただきます。その様子を共有しつつ、受講者に起こりやすい技術的なエラーや技術の進歩を確認させていただきます。 3. ハンズオンの代替   昨年度から導入した治療を受けた患者モデルから治療者へのフィードバックをシステマティックに行い、適切な治療技術が使われているか否かを確認します。   講師側からみると、受講者の皆様の技術の進歩がライブセミナー以上にはっきりわかるので、確実に技術を習得していただけるようにサポートします。 スケジュールなどの詳細は こちらのファイル をご確認ください。 以上、ご理解の程お願い申し上げます。     2020年4月6日 蒲田和芳

産前産後 組織間リリース お知らせ セミナー情報

NHK BSプレミアム「美と若さの新常識 4月2日放送」をご覧になった方へ

 NHK BSプレミアム「美と若さの新常識 4月2日放送」をご覧いただきありがとうございました。「下腹ぽっこり」に対して徒手的な治療テクニックを使って解決する方法をお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。番組では「ファシアケア」と紹介されていましたが、正確には、蒲田が開発した「組織間リリース」という技術を使ったファシアケアを紹介しました。こちらの記事では、番組では伝えきれなかったことも含めて、より詳しい情報をお伝えします。   ■Fascia(ファシア)とは  ファシアとは、筋肉や臓器を仕切る「容れ物(コンテイナー)」のこと。筋膜や腱膜のように力を伝達するものや、内臓などの位置関係を保つような網の目構造を呈しているものが含まれます。一番大きなファシアは皮下脂肪の中にあり、浅層ファシアと呼ばれます。    ■番組で紹介したファシアケアの概要  今回の番組では、下腹ぽっこりの原因として、  1.重力による内臓の降下  2.腹筋下部が持続的に緊張できない呼吸パターンの問題  3.腹筋下部をとりまくファシアが癒着して、下腹部を凹ませることができない という3つの問題点を解決する方法をご紹介しました。簡単に、それぞれについて解説しますね。    1. 重力による内臓の降下  立ち上がると内臓は下に下がろうとします。重力があるからです。女性の場合、骨盤には膀胱、子宮、直腸があるため、子宮のない男性よりも臓器が密集しています。このため、胃や小腸が重力で下がろうとすると、下方ではなく、前方に移動せざるを得ないので下腹ぽっこりになるのでしょう。   2. 腹筋下部が持続的に緊張できない、呼吸パターンの問題  腹式呼吸では、息を吐くときに腹筋を収縮させ、息を吸うときに腹筋をゆるめます。腹筋をゆるめると、1で起こる内臓の移動を止めることができなくなります。息を吸うときにも内臓が前方に移動しないようにするには、息を吸うときに腹筋の下部の緊張を保つ必要があるのです。 3. 腹筋下部をとりまくファシアが癒着して、下腹部を凹ませることができない  下腹ぽっこりに悩む女性は、そもそも腹筋のなかでウエストを絞る役割のある腹横筋を単独で収縮させることが苦手です。特に産後の女性は、妊娠中に膨らんだお腹を凹めるのが難しいのです。なぜなら、お腹を凹めようと思っても、どのように腹筋に力を入れたらよいかわからないからです。  下腹ぽっこりの状態で、ファシアが滑らなくなっていると、筋肉どうしも滑らなくなり、ウエストを絞る腹横筋が自由に動かない状態になります。ファシアの癒着を解決するには、運動(トレーニング)ではなく、ファシアを直接剥がすような特殊な治療が必要となります。  このように下腹ポッコリには主に3つの原因があります。地上で生活している以上は、1の重力の影響は排除できません。したがって、2と3に対して、「組織間リリース」と「呼吸エクササイズ」を用いて改善していきます。呼吸エクササイズは、風車を回すような「強制呼気」によって腹横筋を意識できるようにし、その上で下腹部の腹横筋の緊張を保ったままで息を吸う練習をしてもらいました。      ■「組織間リリース」とは  組織間リリースとは、蒲田和芳が開発した治療テクニックです。内臓も含めて、体の中の癒着を解消することができますが、特別なテクニックが必要です。スタジオ収録では、ゲストの潮田玲子さんの腹部のリリースを行いました。腹横筋の表層のファシアに滑走不全(癒着)が見つかったので、指を持って自分自身の腹横筋のファシアリリースを体験してもらいました。オフショットですが、MCであるフットボーラーアワーの後藤輝基さんには三角筋後部の浅層ファシア、大地真央さんには副神経のリリースを少しだけ体感してもらいました。     ■ファシアケアを受けたい方へ  番組を見て、ファシアケアを希望されるみなさんのご希望に応えるため、(社)日本健康予防医学会 関節疾病予防専門部会が発行する関節運動指導士の認定者リストを公開します。このリストのうち、関節運動指導士(Level3)以上の理学療法士、柔道整復師の方々は組織間リリースを習得されています。    https://realine.info/realine/shopinfo  医療機関では主に痛みや機能障害の治療が中心です。美容目的で組織間リリースをされている施設を探しておられる場合は info@realine.info にお問い合わせください。  蒲田は、「産後ケア」サービスとしての予約枠を確保しております。空き枠があれば「産後ではない方」のケアもお受けしています。月に数枠ですのでお待たせするかもしれませんが、なるべく多くの方のお悩みを解決したいと思っています。ご希望の方は 申し込みフォーム にご記入ください。  なお、4月のスケジュールは以下のとおりです。   ●毎週月曜日: リアライン・ラボ(東広島)  ●4月3日: PCP(大阪 本町駅)  ●4月17日・23日・24日: Salon de joi(東京 渋谷駅)  申し込みフォームにご記入された方から先着順にスケジュールを調整させていただきます。    ■蒲田和芳の略歴・業績   https://realine.info/realine/concept       <蒲田和芳が取り組む事業紹介>    ■セラピスト・治療家向けのセミナー ・関節疾患の治療に特化した<ジョイントヘルスセミナー> ・産前・産後ケアに特化した<産前・産後ケアセミナー> ・関節の健康をサポートする<関節運動指導士必須セミナー>   https://realine.info/schedule/2020       ■関節の歪みに特化した新しい健康器具「リアライン」 ・骨盤/胸郭j、背骨の歪みを整える <リアライン・コア> ・座るを革命する座椅子 <リアライン・チェア> ・高機能テーピングに基づく靴下 <リアライン・ソックス> ・子どもから高齢者まで、足の歪みを整える <リアライン・インソール>   https://realine.info/realine/all      ■足が痛くならない、きれいに立てるハイヒール「Liberación」   https://liberacion.shop/      ■企業経営者の方、福利厚生責任者の方へ ●リベラシオン(解放)・・・働く女性の足元を美しく支え、笑顔をいっそう輝かせるプロジェクト   https://pando.life/glab/service-572 ●企業向けオフィスワークにおける腰痛対策コンサルティング   https://pando.life/glab/service-571   ●「美容ファシアケア」を普及させるプロジェクト   https://pando.life/glab/service-727      ■取材や企業のお問い合わせはこちらからどうぞ   https://realine.info/contact

お知らせ セミナー情報 産前産後 組織間リリース 精密触診

4月から開始となるセミナー・勉強会について

産前・産後ケアにご興味のある皆様へ      2020年度が近づいて参りました。皆様には、セミナーや勉強会への参加について、選択肢をご提示しますので、ご検討いただけますと幸いです。 ■ 4月開催のセミナー  ・クリニカルスポーツ理学療法(CSPT)     東京 4月19日から10回シリーズ    名古屋 4月12日から10回シリーズ  ・<関節疾患>組織間リリース(joint-ISR)    股関節:名古屋 4月12日から3回シリーズ    肩関節:大阪 4月5日から3回シリーズ  ・精密触診と疼痛治療    東京 4月26日(日)から4回シリーズ  ・<産前・産後>リアライン    東京 4月25日から8回シリーズ  ・<産前・産後>組織間リリース    胸郭 大阪 4月4日から3回シリーズ    初級編 東京 4月18日から3回シリーズ      ■ ご登録URL:  https://realine.info/schedule/2020    ■ お得な割引制度:  ① 年間パス:圧倒的にお得です。  ご登録はこちら。  ② 紹介割引: お一人につき20%引き。5名紹介すると紹介者は20% X 5名=100%引き、紹介された人も全員20%引き。          ご登録はこちら。  ③ 再受講割引: 3年以内の再受講は30%引きとなります。           ご登録はこちら。

お知らせ セミナー情報

2020年度のGLAB主催セミナーの開催・延期について

新型コロナウイルスの騒動で生活にいろいろと制約が生じておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?   新型コロナウイルス感染拡大のニュースばかりが流れ、実際の危険性や死亡率、また罹患者の症状寛解や退院のニュースが注目されにくい状況にあります。少し整理しますと、昨年のインフルエンザによる死者数3325名であり、新型コロナによる死者数は3月10日時点で12名となっております。今後ウイルスの耐性や感染力に変化が生じる可能性はあるにせよ、現状としてインフルエンザ以上に恐れる必要もないと判断されます。インフルエンザウイルスは低温乾燥を好むのに対し、新型コロナウイルスは低温多湿を好むとされています。換気とともに暖房の適切な使用も重要な観点となります。 ウイルスについてわかりやすくまとめられた資料を見つけましたので、共有します。   http://www.tmd.ac.jp/mri/koushimi/shimin/shiryou012.pdf   GLABとしては、3月の主催セミナーをすべて延期し、収束を待って新たな日程をご提示する予定にしております。それとともに、4月以降のセミナー・勉強会についての方針をお伝えしたいと思います。   ■基本方針は以下の通りです。 ・30名未満のセミナー・勉強会は、国や自治体からの特別な指示がない限りは開催します。 ・30名~99名のセミナーについては原則として開催しますが、開催地周囲の感染拡大の状況次第では延期、もしくはZoomによるオンラインセミナーとする場合があります。 ・国は500名以上を大人数と定義していますが、GLABでは100名以上を「大人数」と位置づけ、100名上のセミナーを開催いたしません。2020年度のすべてのセミナーの定員を99名以下にいたします。     ■セミナー当日の配慮 ・当日受付において、体調チェック(必要に応じて検温)、アルコール消毒、マスク着用、手洗いをお願いいたします。 ・換気を頻繁に行います。 ・机の間隔をできるだけ広げ、密集しないようにいたします。   ■延期・欠席への対応 ・体調の悪い方、特に発熱のある方はお休みいただきますようお願いいたします。なお、欠席分は、次の同タイトルのセミナーに振り替えます。 ・感染を心配されて欠席される場合は、すべて次の同タイトルのセミナーに振り替えます。 ・延期された日程でセミナーできない場合、セミナーの参加費は返金致します。なお、交通費・宿泊費等は返金できませんのでご了承ください。 以上により、皆様のご心配にも配慮しつつ、勉強の機会を維持するようにいたします。

お知らせ セミナー情報

【重要】新型コロナウイルスの影響によるセミナーの開催延期・中止のお知らせ

いつも realine.info をご利用いただき、誠にありがとうございます。 この度、新型コロナウイルス感染症の影響により、下記の日程で開催を予定しておりましたセミナー・認定試験の開催延期・中止が決定いたしましたのでお知らせいたします。 周知の通り、感染拡大を抑制するため、濃厚接触の可能性のあるイベントなどの自粛を求められています。医療職が集まるセミナーでは、実技において接触の機会が多いことから、手洗い、少人数であっても濃厚接触による感染の可能性がないとはいえないと判断いたしました。セミナーを楽しみにしておられる皆様にはたいへん心苦しいのですが、3月中のセミナー・カンファレンスの開催延期を決定いたしました。   代替日時につきましては、公式サイト・および、受講をお申し込みいただいた方へ個別へご案内させていただきますので、何卒よろしくお願いいたします。 【開催中止】 ・2月28日(金) ジョイントヘルスセミナー(JHS)/第11回 /東京会場 【開催延期】 ・3月1日(日) 関節運動指導士 認定試験(Level 1〜Level 3)/東京会場 ・3月7日(土) 組織間リリース(ISR)特別編・肩関節 第3回/広島会場 ・3月8日(日) リアライン・フット/大阪会場 ・3月14日   関節アライメント研究の歩みと今後の展望 ・3月15日(日) クリニカルスポーツ理学療法(CSPT)2019 /第4回 腰痛・骨盤痛/広島会場 ・3月28日(土)・3月29日(日) 第三回ジョイントヘルスカンファレンス(JHC2020)/東京会場 セミナーを心待ちにされている皆様には、大変ご迷惑をお掛けいたします旨、深くお詫び申し上げますと共に、何卒ご理解、ご了承の程、宜しくお願い申し上げます。 その他ご不明な点がございましたら、お問い合わせページよりご連絡くださいませ。 お問い合わせページ

セミナー情報

精密触診と組織間リリース:長崎会場の受講登録は2/19(水)まで

今週末開催のリアラインセミナーのご紹介です。 ◆精密触診と組織間リリース:長崎会場 医師・セラピスト・治療家・トレーナーの方、またはこれらの職業の資格取得を目指す学生の方を対象とし、セラピストに必要な、骨・筋肉・腱・神経などの触診技術を習得します。 マルアライメントや拘縮の原因である癒着の探索や、痛みを発している神経・靱帯・血管の特定に使われる「精密触診®」を学ぶセミナーです。 超音波エコーによる解剖の基礎的内容を確認した後、精密触診と組織間リリースの理論と実技を行います。 ◆日時:2月22日(日)9:30-16:30 ◆場所: 長崎県建設総合会館 5F第2会議室 JR「長崎駅」より徒歩10分 ≫お申し込みはこちらから ≫その他の2019年度セミナーの詳細・受講登録はこちらから ---------------- 2020年度開催・各種リアラインセミナーの受講登録がスタートしております! 3月末まで早割も実施中♪ ≫2020年度セミナーの受講登録はこちらから 皆様のご参加をお待ちしております!

セミナー情報

関節検定講義・脊柱リアライン実技:東京会場の受講登録は2/11(火)まで!

今週末開催のリアラインセミナーのご紹介です。 ◆関節検定講義(Grade 1):東京会場 関節の基本構造、運動学、バイオメカニクス、変形、外傷についての医学的知識を学ぶことができます。 Grade 1は簡単な医学的知識と病院受診の方法など、一般向けの「家庭の医学」を関節に絞った内容です。 関節運動指導士(Level 1)の取得を目指す方は受講必須のセミナーですが、資格取得を希望されない方も受講可能です。 【日時】2月15日(土)9:30-16:30 【場所】 PROME新宿 6F会議室 東京メトロ「新宿三丁目駅」より徒歩3分 JR「新宿駅」東口より徒歩5分 ≫関節検定講義の受講登録・セミナーの詳細はこちらから ◆脊柱リアライン実技:東京会場 不良姿勢、脊椎アライメントを修正するための方法(実技)と技術や、骨盤・胸郭のリアライン(アライメント修正)のためのリアライン・コアを含むデバイスの使用法と指導法を習得できるセミナーです。 さらに、その後行うべき運動療法やトレーニング法も学ぶことができます。 関節運動指導士(Level 1)の取得を目指す方は、関節検定講義(Grade 1)と併せて受講必須のセミナーです。 【日時】2月16日(日)9:30-16:30 【場所】 PROME新宿 6F会議室 東京メトロ「新宿三丁目駅」より徒歩3分 JR「新宿駅」東口より徒歩5分 ≫脊柱リアライン実技の受講登録・セミナーの詳細はこちらから ◇2020年度(2020年4月〜)開催のリアラインセミナーの受講登録も受付中!◇ 3月末までは早割価格でお申し込みいただけます。 ≫2020年度リアラインセミナーの受講登録はこちらから この機会をお見逃しなく!

産前産後 組織間リリース セミナー情報 お知らせ

「だから産前・産後セミナーの年間パスを購入しました」

今年度の<産前・産後>組織間リリース:初級編の受講者である田村由貴様(理学療法士)は、来年度の年間パスDを購入されました。 その理由をメールでお知らせいただきましたので、紹介させていただきます。   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 今回は、年間パスD希望にて メールをさせていただきました。 産前産後の知識がない時に 出会った分娩後より恥骨結合離開により 体動困難になった方のリハビリに携わりましたが 満足いく結果を出せず、それから本格的に 産前産後の勉強を始めました。 他の産前産後のセミナーでは なかなか治療アプローチまで教えていただけることが 少なかったため、前回の組織間リリースを受講した時は とても勉強になり、その後の施術アプローチの仕方も変化し 少しずつですが、結果にもつながってきています。 悩んでいる女性のお役に立つためにも まだまだ学ばなけらばならないことがたくさんあり、 ぜひ2020年も蒲田先生の知識と技術を学ばさせていただきたく 年間パスDに申し込みさせていただきました。 また、名古屋開催の クリニカルスポーツ理学療法も本日申し込みさせていただきました。 よろしくお願い致します。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ということで、ご自身の治療結果に満足できず、「なりたいセラピスト像」に向かって一歩踏み出されたことがわかります。組織間リリースは魔法ではありませんが、魔法のような効果を出すことができる近道であることは確かです。多くの方に、結果を出せるセラピストになっていただけるよう、セミナーの内容や進め方についても日々工夫を積み重ねていきます。      ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ◆年間パスD: 産前・産後ケアシリーズ内のすべてのセミナー(¥200,000) ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 産前・産後ケアセミナーシリーズ(<産前・産後>リアライン、<産前・産後>組織間リリース、精密触診と疼痛治療)のすべてのセミナーに参加できます。 <ご登録>  フォーム

お知らせ セミナー情報

GLABのセミナーに参加を検討されている方への重要なお知らせ

来年度のGLABセミナー に参加を検討されている方への重要なお知らせです。                ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ① 早割 X 会員割引 = 36%引き (1月30日まで) ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ・1月末までの早割1(20%引き)についてです。1月末までにセミナーの受講登録をされると20%引きとなります。 ・加えて,1月30日までに日本健康予防医学会に入会申請されると,セミナーの受講料は会員割引-20%に早割の-20%が加わって0.8X0.8 =0.64 で36%引きとなります。 ・学会の入会金(年会費)は合計1万円ですので,定価125,000円のセミナーには,   125,000 X 0.8 X 0.8 + 10,000=90,000円  となり,35,000円もお得なります。    ◎入会申請は,まずメールでの意思表示のみでOkです。   seminar@realine.info ◎もしくは,このサイトのマイページにログインして,「入会手続き」を行ってください。      ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ② 年間パス のお勧め ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ・<産前・産後>リアラインと<産前・産後>組織間リリースの2つ,もしくはそれ以上のセミナーに参加して,集中的に学びたいという方には年間パスがおすすめです。 ・2020年度の年間パスの申込期限を,一旦2月末で締め切らさせていただきます。以下のAからEそれぞれ定員5名とさせていただきます。 ・年間パスAはあと2名までとなっております。 ◎年間パスのご希望は,まずメールでお知らせください。   seminar@realine.info ■年間パスの種類(2019年12月1日~)  ※金額は税込み価格です。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ◆年間パスA: すべてのセミナー(¥400,000) ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 全国で開催されるどのセミナーにも参加できます。CSPT、組織間リリース、パーソナルトレーナーズスキルなど、1年間で集中的にリアライン・コンセプト、産前・産後ケアを学びたい方におすすめします。   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ◆年間パスB:  東京会場以外のすべてのセミナー(¥200,000) ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 関西や九州などにお住まいの方で、東京に行くのはたいへんだが、東京以外のセミナーにはすべて参加したいという方向けのパスとなります。     ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ◆年間パスC:  CSPT(クリニカルスポーツ理学療法)・RPC(産前・産後リアライン)以外のすべてのセミナー(¥200,000) ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー CSPTはすでに参加したので、組織間リリースを初級編、中級編、産前・産後ケアなどを含めて集中的に習得したい方向けのパスです。     ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ◆年間パスD:  産前・産後ケアシリーズ内のすべてのセミナー(¥200,000) ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 産前・産後ケアセミナーシリーズ(<産前・産後>リアライン、<産前・産後>組織間リリース、精密触診と疼痛治療)のすべてのセミナーに参加できます。    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ◆年間パスE:  ジョイントヘルスシリーズ内のすべてのセミナー(¥200,000) ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ジョイントヘルスセミナーシリーズ(CSPT、<関節疾患>組織間リリース、精密触診と疼痛治療)のすべてのセミナーに参加できます。

セミナー情報

組織間リリース(ISR):広島会場は今週末開催!

◆組織間リリース(ISR)特別編・肩関節:広島会場 ISR®(=Inter-Structural Release)または組織間リリース®とは、組織どうしをゆるく結合している疎性結合組織をリリースすることを意図した徒手的治療法です。 このセミナーでは、治療としてだけでなく、1mm単位での詳細な触診によって痛みを「計測」することができる「組織間リリース」を医師・理学療法士・作業療法士・柔道整復師・鍼灸マッサージ師など医療系資格をお持ちの方を対象に修得していただくセミナーです。 ※3回のセミナーで1カリキュラムとなります。セミナーの個別参加はできません。 日時:2月1日(土)/2月2日(日)/3月7日(土) いずれの日にちも9:30-16:30 場所:2月1日(土)2月2日(日)→ RCC文化センター 601号室 3月7日(土)→RCC文化センター 700号室 JR「広島駅」南口より徒歩約10分 広島電鉄「銀山町電停」より徒歩約5分 >組織間リリース(ISR)の受講登録はこちら ◇2020年度(2020年4月〜)開催のリアラインセミナー受講登録も受付中!◇ 1/31までは早割価格でお申し込みいただけます。 >2020年度リアラインセミナーの受講登録はこちらから この機会をお見逃しなく! 皆様のご参加をお待ちしております。

カートを見る