MENU

Echolizer ver.1(エコライザー)

Echolizerとは

Echolizer(エコライザー)はWindowsで動作する動画解析ソフトウエアです。動画ファイルから、「動き」を解析し、動画内の任意のエリア(関心領域, ROI)の移動速度とその方向の計測を行うために開発されました。あらゆる動画内の動きを解析することができますが、以下では超音波エコー画像の解析を例にEcholizerについて説明します。

※Echolizerは医療機器ではなく、臨床上の診断、治療、予防のために使うことは想定されておりません。研究や教育のためにご使用ください。
※Windows 7以降で動作します。Mac版、タブレット版は販売しておりません。

Echolizer ver.1でできること

動画のインポートと操作

  • ファイル形式:WMV、MPEG4、AVI
  • 動画の回転・移動

関心領域(ROI)の設定

  • 長方形、楕円、平行四辺形
  • 最大6箇所まで
  • グリッドを表示してROIの精密な位置を設定できる

物体の動きのビジュアル化

  • 矢印の色もしくは長さで表示
  • すべての関心点に矢印、またはROIの平均値を1本の矢印で表示
  • 動画出力

各ROI内の物体の移動速度とその方向(水平線に対する角度)の定量化

  • CSVファイル出力
  • ROI毎の平均速度、移動方向を分析可能

動画の比較

  • 2動画の重ね合わせによる比較
  • 2動画の左右配置による比較

販売条件

  • Echolizerは医療機器ではないことを理解し、臨床には使用しないことについてご同意いただける方

  • 銀行振込、前払いのみにご了承いただける方

Echolizerの購入はこちらから

Echolizer ver.1

【資格者割引適用】
関節運動指導士の資格者割引が適用される商品のため、資格者は下記の価格でご購入いただけます。
(社)日本健康予防医学 関節運動指導士資格者(Level 1)=10%割引 ¥291,600(税込)
(社)日本健康予防医学 関節運動指導士資格者(Level 2)=20%割引 ¥259,200(税込)
(社)日本健康予防医学 関節運動指導士資格者(Level 3)=30%割引 ¥226,800(税込)
※ご注文内容確認画面にて割引が適応されますので、価格をご確認の上注文確定をお願いいたします。

※お支払い方法は必ず「銀行振り込み」をお選びになってお進みください。
その他のお支払い方法を選択された場合、キャンセルとさせていただく場合がございます。

¥324,000(税込)

機能紹介(使用マニュアル)

インストールの手順

  • インストール:インストールファイルの中からset upを選択し、プログラムをインストール
  • Help > About Version > Registration をクリックし、IDを表示
  • IDをGLABに送付
  • GLABよりパスコードを送付
  • IDの下のパスコード入力枠に入力
  • Activation完了(これによりコピーおよびデータ保存の機能が使用できます)

動画ファイル解析

  • 動画ファイルの読み込み

    Echolizerを起動します。画面が表示されたらOpticalFlow 1の画面に切り替えます。
    メニューからNew Projectをクリックして解析をする動画ファイルを選択します。

  • スケールの設定

    Scale Settingで1mmあたりのピクセル数を入力します。
    動画像内に目盛りがある場合は自動で行えます。

  • ROI(関心領域)の指定

    画像内から特定領域の解析をする場合はROIを指定することで、解析範囲を絞ることができます。ROI単位で平均速度、平均角度の計測も可能です。ROIは最大6箇所まで指定可能です。

  • 解析

    OpticalFlowのFarneBack法を用いて移動速度・移動角度の解析を行います。
    解析は1フレームのみ、または動画全体(解析範囲内)の解析をすることができます。 左側のフレームリストで任意の行を選択して解析を行います。
    解析による計測値は移動速度と移動角度の矢印で画像上描画されます。平均速度や分散値が選択行に表示されます。
    Calculate Allをクリックすると、自動的に動画全体を解析します。

    ROIごとの計測結果を表示します。

    解析のサンプル動画
  • 計測結果のCSV出力、解析画像の動画出力

    計測が完了したら計測値と解析動画を出力します。 メニューからExport CSVを選択して計測値をCSVファイルに出力します。 その後、メニューからExport Videoを選択して解析画像の動画出力をします。

2つの動画ファイル解析

Positioningボタンを押して、任意の2点を設定します。これにより、2枚の動画を同じ位置関係に重ねて比較することができます。ある骨の2点を設定することにより、2つの超音波動画をその2点が重なる位置に移動させます。これにより、同じ部位の超音波撮影をした動画を比較する際に、骨の位置を基準として2つの画像を重ね合わせることが出来ます。

さらに細かい画像の位置や角度を調整したい場合は、Positioning画面で正確に画像位置を合わせることができます。 Optical Flow1の動画が赤色、Optical Flow2の動画が青色で表示されます。

CSVファイル

出力されるCSVファイルは4つです。

CSVの種類 ファイル名、説明
フレームリストのCSV OpticalFlow.csv
フレームリストの内容が出力されます。
フレームごとの移動速度CSV ***_velocity.csv (***はフレーム番号)
FarneBack Velocityの内容が出力されます。
フレームごとの移動角度CSV ***_Angle.csv (***はフレーム番号)
FarneBack Angleの内容が出力されます。
ROIの計測値CSV Roi.csv
全フレームのROI内の分析結果(平均値)が出力されます。

Echolizerの購入はこちらから

カートを見る